私は今、3回目の就職活動をしているのですが、いつも志望動機で書き詰まっています。

 

 

 

志望動機って、明確な時は少なくて、何となくいいと思ったからというのが多いと思います。

 

 

 

何となくいいと思えるのは、給料がいいからとか、家から近いからとか、そんな理由だと思います。

 

 

 

しかし、そんなダイレクトな表現は、志望動機に書いてはいけないという暗黙のルールがあるそうです。

 

 

 

そして、「未経験ですが」「経験はありませんが」「資格はありませんが」などというネガティブ用語も使わない方がよく、ポジティブに、簡潔かつ明確に、自分の強みを入れてなど注文が多く、考えるだけで一苦労です。

 

 

 

そこで、ネットで”〇〇職志望動機”で検索し、志望動機の書き方や、記入例、見本などを見て楽に志望動機を書こうと思うですが、現実はあまり甘くありませんでした。

 

 

 

例えば、経理事務で未経験からの応募で、ネットで志望動機検索すると下記と似たような見本が出てきます。

  1. 「経理の実務経験が〇年有り、その経験を生かすことができると思い志望いたしました。」
  2. 「経理の経験はありませんが、大学で経済を専攻しており、簿記の知識と技術はもちろん、会計ソフト使いこなすことができるため、自身のスキルを活かしたいと思い志望いたしました」
  3. 「中学校から大学まで〇○部に所属しており、礼儀はもちろん、上下関係や忍耐力を養い、また目標に向かって努力することを学びました。その忍耐力を生かしてコツコツと仕事を覚え努力していきたいと思い志望致しました。」

まず1つ目は、未経験からの応募で実務経験がないので参考に出来ません。2つ目は条件が合致しなければ参考に出来ません。

 

 

 

最後は、そもそも経理を志望する動機が見えないため参考に出来ません。

 

 

 

ネットに頼れないと思った私は、知人に相談したところ、下記のような志望動機を考えてもらいました。

 

 

 

「パソコンと簿記が好きなので仕事にしたいと思い志望致しました、自身のスキルアップのため日商簿記2級・Excel2級の知識と資格を習得致しました。その知識と資格を活かし、また入社後も勉学に励み、御社に貢献したいと考えております。

 

 

 

何卒宜しくお願い致します。」

 

 

 

この志望動機は、ポジティブで簡潔かつ明確で自分の強みをいれるという条件は満たしています。

 

 

 

しかし、問題があります。なぜならこの会社を選んだ動機が見えません。

 

 

 

 

経理・会計系の職業であればどこにでも使うことができますが、会社からすると、「当社を志望した動機は?」となります。

 

 

 

書類選考有りの会社だとまず使えません。高確率で落とされます。

 

 

 

そんなことを考えていつも悪戦苦闘を繰り返すのですが、結局は思ってもいないことを無理やり絞りだし書くか、とりあえず会社の良いところを誉めた称える羽目になります。

 

 

 

そんな思ってもいないことを書かず、「何となくじゃダメですか?」と私は思うのです。

 

 

@20代女性